ブルーベリーのサプリメントの効果を教えて!

ブルーベリーサプリメントは飲む時間でも効果が変わる?

 

ブルーベリーのサプリメントは人気の商品であり、体内の正常化を目指す方、近年ではスキンケアやニキビケアでも多くの人に利用されていますが、飲む時間を気にしている人はいるのでしょうか。

 

ブルーベリーに含まれている成分が、身体に最も効果が及ぶようにするために、時間が関わっているなら、念頭に置いておきたいものです。サプリメントはお薬ではなく、あくまでも食品である為、薬のように食後とか食間に服用するといった指示を見たことがありません。医薬品ではなく食品なので、これと言ってどういうタイミングで飲めばいいのかは、商品にも記載されていません。ただし、ブルーベリーサプリメントの場合は、アントシアニンの摂取が目的になりますので、効果的な摂取時間帯というものが推測できます。サプリメントに含まれるアントシアニンが、人体で機能し始めるまでには、3時間から4時間の吸収時間が必要です。ですから、目を酷使する仕事をしている人の場合は、仕事を始める少し前ではなく、3から4時間前にブルーベリーのサプリメントを飲んでおくといいでしょう。

 

また、サプリメントを利用した時に、体の中に入ってきた栄養成分が、しっかり吸収されなければ、効果は得られません。飲む時間によって、栄養成分の吸収に影響があると考えられるので、多少は気にする必要があります。せっかくブルーベリーのサプリメントを購入して、アントシアニンを摂取できるようにしてあっても、吸収されなかったら利用する意味がありません。食事の後、時間がたったころにサプリメントを摂取しましょう。ポリフェノールはたんぱく質と結びついて吸収を阻害することがあります。胃が空っぽの時にブルーベリーサプリメントを摂取すると、ブルーベリーに含まれているタンニンが胃によくない場合がありますので、要注意です。

ブルーベリーサプリメントは副作用なんてあるの?

 

サプリメントでブルーベリーの成分を摂取する人が大勢いるのは、ブルーベリーに目にいい成分が豊富に含まれているためです。

 

これはブルーベリーに含まれているアントシアニンと呼ばれる成分のためです。アントシアニンを摂取することで、たんぱく質の一種であるロドプシンの再合成がスムーズになります。このロドプシンは、目に入ってきた光、映像を脳に伝える役割を担っています。そのためロドプシンの量が減少したりすると、物が見えにくくなったり、見ることに対しての疲労感が発生しやすくなります。ブルーベリーサプリメントが目にいい理由は、ロドプシンの再合成を助けるアントシアニンを摂取することができるためです。

 

ブルーベリーは天然の食用植物として、長年の間親しまれてきたものですので、摂取しても薬のように副作用がでることはありません。そのため、ブルーベリーのサプリメントには副作用の心配は、ほとんどないと言っていいようです。アントシアニンの他に、目の粘膜を強化してくれるビタミンAも摂取できるため、この点については注意が必要になります。ビタミンAに関しては特に注意するべき点として、妊婦の過剰摂取は控えるべきとされていることです。妊娠中の女性については、ブルーベリーのサプリメントは副作用の可能性を防ぐために避けた方が無難です。多くの人が、ブルーベリーのサプリメントを活用していますが、人によっては摂り過ぎに注意が必要ですので、事前に確認しておきましょう。